イベントを読み込み中

セミナー開催

[ UGOITA PLUS会員専用 ]

※参加者はログインしてください。

「外側上顆炎のリハビリが長期間になっている…」
「腱鞘炎の介入方法がわからない…」
こんなことで悩んだことはありませんか?

今回、外側上顆炎やドケルバン腱鞘炎、バネ指などに対する物理療法や消炎鎮痛剤の処方以外での介入方法やセラピストとしてアプローチできる部分を解説していただきました。

本セミナーは、対症療法ではなく、あくまでも原因療法。
機能解剖学と赤羽根先生の臨床経験から導き出された上肢疾患への考え方を聞くことができます。
今まで非常に要望の多かった上肢・前腕・手指のテーマを痛みの改善に焦点を当て、赤羽根先生に解説していただきます。

受けていただくことで、骨折ではない、有痛性疾患に焦点を当てているため痛みを改善するための考え方や実際の治療まで学ぶことができます。また、根本的な治療法が確立されていない疾患ばかりを例に挙げて解説しているので、イメージがつきやすいセミナーとなっております。

ぜひこの期間にご視聴ください!

概要

前腕や手関節の有痛性疾患について座学セミナーを行います。
なお、骨折などの外傷性についての内容ではありませんので、宜しくお願い致します。

前腕や手関節といえば、外側上顆炎やドケルバン腱鞘炎、バネ指が臨床で多くみられます。
このような疾患が多い一方で、整形外科では物理療法や消炎鎮痛剤の投与しかされていないのが現状です。

それは、様々な要因が考えられますが、根本的な治し方が確率されていないことが原因かと思います。
そもそも、これらの疾患はオーバーユースが原因となることが多く、単純なストレッチングは疼痛を増悪させる要因となります。しかし、教科書で載せられている多くは、ストレッチングを推奨されています。これでは長引くのも仕方ありません。大事なのは伸ばす部位は伸ばす、そして同筋との滑り、拮抗筋の柔軟性、姿勢の改善が重要となります。

講師

赤羽根良和 先生

さとう整形外科/理学療法士

1999年:平成医療専門学院卒業
1999年:吉田整形外科病院
2009年〜:さとう整形外科

理学情報ジャーナルへの執筆や理学療法、理学療法学に関して多数の論文を発表。

<弊社発行書籍・DVD>
「肩関節拘縮の評価と運動療法」2019年6月
「肩関節拘縮の評価と運動療法 臨床編」2019年3月
「五十肩の評価と運動療法」2019年9月
「腰椎の機能障害と運動療法ガイドブック」
「機能解剖学的にみた膝関節疾患に対する理学療法」2018年3月
「機能解剖学的にみた膝関節疾患に対する理学療法 DVD(2枚組)」2018年8月
「機能解剖学的にみた足部・足関節に対する理学療法 DVD(2枚組)」2020年6月

<他社発行書籍>
「脊椎圧迫骨折の病態理解と運動療法」2017年9月

当日の案内

2022年7月24日、12月30日に開催しましたセミナーをリピート配信します。
===============================
◆配信期間:2023年6月23日 (金) 09:00 – 6月26日 (月) 24:00
◆動画時間:約2時間半
===============================

  • セミナー開催期間内であれば、自由に視聴できます。
  • 視聴方法、資料閲覧方法は、前日までに「参加者はこちら」に掲載します。
  • 資料はパスワード付きPDFです。
  • ビデオ・写真の撮影や音声の録音はご遠慮ください。
  • 不正防止のため、ログイン情報を取得しています。
  • 参加者の通信環境や機器等による原因で視聴できなかった場合につきましては責任を負いかねます。
  • 動画配信手段としてVimeo(外部サービス)を利用しております。
    動画視聴に必要な環境はこちら(Vimeoサイトに移動します)

部位・分野

肘関節,手関節

会場

チケット情報

 ブロンズ会員2,500円 
  一般5,000円 
  • 申込〆切:2023年6月25日 (日)
  • キャンセル〆切日:2023年6月21日(水)
    ※キャンセル〆切後は受講費の返金はできません
  • 申込数:1人1枚(譲渡不可)

ゴールド&シルバー会員の方は申込不要!
リピート配信視聴ページ」からご視聴ください。

お申し込み

■アカウントをすでにお持ちの方へ

アカウントをすでにお持ちの方UGOITA PLUS会員の方はお申し込みの前にログインしてください。


■アカウントをまだお持ちでない方はこちら

アカウントをまだお持ちでない方は下のボタンからお申し込みください。

関連イベント

< イベント一覧に戻る >

© UGOITA ALL RIGHTS RESERVED.produced by 運動と医学の出版社