イベントを読み込み中

セミナー開催

[ UGOITA PLUS会員専用 ]

9月 17日, 2023年 @ 10:00 13:00

※参加者はログインしてください。

概要

<講演概要>
代表的な脊椎疾患である「腰椎椎間板ヘルニア」。国内外の諸報告を見ても、理学療法介入の有効性についてはほとんど語られていません。それもそのはず、椎間板障害の主病態は「組織構造の破綻」であり、理学療法介入によってそれを治癒させることはできません。
椎間板ヘルニアをはじめとした椎間板障害への介入においては“何をするか”と同じかそれ以上に“何をしないか”を考えることが重要です。

本セミナーでは椎間板障害についての基礎的な知識から、より有効と考えられる理学療法介入を紐解きます。

<講演内容>
主に機能解剖、病態理解、論文紹介、評価、運動療法(動画での解説)の構成です。
本セミナーでは椎間板障害についての基礎的な知識から、より有効と考えられる理学療法介入を紐解きます。

<資料の一部を公開>

<河重俊一郎先生の弊社主催講演の一部を公開 ※内容は異なります>

<目次紹介>
① 腰椎椎間板ヘルニア
・定義
・診断
・臨床診断
・形態による分類
・位置による分類
・経過
② 椎間板性疼痛
・椎間板性疼痛の特徴
・椎間板性疼痛の病態-神経-
・椎間板性疼痛の病態-炎症-
・椎間板性疼痛と椎間板ヘルニア
・椎間板性疼痛-まとめ-
・椎間板の変性プロセス
③ 画像検査
・椎間板ヘルニア -画像検査-
・画像検査についての報告・限界
・椎間板ヘルニア-MRI-
・外側ヘルニア(椎間孔狭窄)
・ヘルニア高位と障害される神経根
・椎間板変性 – MRI -(Pfirrmann grading system)
・Modic change・Modic changeについての報告
・椎間板障害 -画像検査-
・椎間板変性患者に多い姿勢
④ 手術療法 椎間板ヘルニア
・椎間板ヘルニアに対する手術
・手術を選択する時
⑤ 保存療法 椎間板ヘルニア
・椎間板ヘルニアによる神経根症状に対する保存療法 SR
・理学療法
・椎間板ヘルニアに対する理学療法
⑥ 椎間板障害への介入
・椎間板障害への介入:目的
・椎間板障害のリスク・リスクに対する理学療法介入
⑦ 椎間板障害のリスク 動作・姿勢
・椎間板への負荷 -椎間板内圧-
・椎間板への負荷 -動作-
・回旋による椎間板への負荷
・椎間板への負荷 -姿勢-
・椎間板への栄養供給
・椎間板への負荷 -その他-
⑧ リフティング動画 指導
・良いリフティング動作
・良いリフティング動作 -物を拾う-
・すべての基本-ヒップヒンジ-
・ヒップヒンジ(パワーポジション)の習得
⑨ 環境設定
⑩ 何をするか?
⑪ 介入のコンセプト
⑫ Joint by Joint theory mobility&stability
⑬ Movement Controlの評価・介入
⑭ 筋力・持久力
⑮ 症状への介入
⑯ 理学検査と介入
・椎間板障害の理学検査
・末梢神経の検査
・下肢神経の伸張テスト
・Slump Test・Kemp Test(Lumbar Quadrant Test)
・末梢神経への介入・神経滑走テクニック – Flossing –
・神経滑走テクニック – self exercise –
・除圧テクニック – 椎間孔開大 –
・椎間板ヘルニアそのものへの介入・徒手牽引
・椎間板障害の理学検査
・椎間板ストレステスト
・ブレーシング・評価としてのブレーシング
・不安定性テスト – Lumber Instability Test –
・Extension Test ・ Modified Extension Test
・ Stork Test・脊椎の不安定性
⑰ 椎間板傷害と類似症状
⑱ まとめ

講師河重 俊一郎先生
日時・配信期間2023年9月17日(日)10:00-13:00
開催形式LIVEセミナー
会場オンライン(ZOOM配信)
定員定員なし
料金一般:5,000円
ブロンズ会員:2,500円
シルバー会員:2,500円
ゴールド会員:無料(申込必要)
申し込み〆切2023月9月17日(日)
※セミナー開始時間まで
キャンセル〆切2023年9月13日(水)
※キャンセル〆切後は受講費の返金はできません
配布資料あり
復習動画ゴールド会員のみ視聴可能(申込不要)
復習動画視聴ページはこちら

講師

河重俊一郎 先生

医療法人全医会(あいちせぼね病院、あいちスポーツ・人工関節クリニック、東京腰痛クリニック)リハビリテーション部 リハビリセンター長)/理学療法士

2007年理学療法士免許取得、医療法人全医会 伊藤整形・内科クリニック(現:あいちスポーツ・人工関節クリニック)に入職。外来や脊椎術後患者様のリハビリテーションに従事する傍ら、所属法人の拡大に併せて、2017年より「あいちせぼね病院」「あいちスポーツ・人工関節クリニック」「東京腰痛クリニック」三施設のリハビリテーション部門統括を務める。

所属での勤務と並行し、個人の活動としてパーソナルトレーニングジムでのトレーナーや、プロアマ問わずスポーツ選手・スポーツチームのパーソナルケア等を行っている。

チケット購入はこちら

■アカウントをすでにお持ちの方へ

アカウントをすでにお持ちの方UGOITA PLUS会員の方はお申し込みの前にログインしてください。


■アカウントをまだお持ちでない方はこちら

アカウントをまだお持ちでない方は下のボタンからお申し込みください。

PLUS会員の決済に失敗している場合は会員価格が適用されません。支払い方法はよくある質問をご参照ください。

チケット

The numbers below include tickets for this event already in your cart. Clicking “Get Tickets” will allow you to edit any existing attendee information as well as change ticket quantities.
チケットは販売終了しました

当日のご案内・諸注意

  • 視聴方法、資料閲覧方法は、前日までに「申し込み済みの方はこちらから参加できます」に掲載します。
  • 資料はパスワード付きPDFです。ビデオ・写真の撮影や音声の録音はご遠慮ください。
  • 「ビデオをON」でお願い致します。(複数人の受講防止のためです)
  • セミナー中は参加確認のため、本名(苗字のみやローマ字も可)の表示をお願いいたします。
  • 終了時間が多少前後する場合がございます。あらかじめご了承願います。
  • 参加者の通信環境や機器等による原因で視聴できなかった場合につきましては責任を負いかねます。

【はじめてZoomをご利用される方へ】
・下記の動画でZOOMの使用方法を確認してください。
「使用方法の説明動画」
・下記の動画の方法でカメラとマイクのテストを事前に行ってください。
「テストミーティング」

< イベント一覧に戻る >

© UGOITA ALL RIGHTS RESERVED.produced by 運動と医学の出版社