イベントを読み込み中

セミナー開催

[ UGOITA PLUS会員専用 ]

10月 22日, 2023年 @ 10:00 16:00

※参加者はログインしてください。

概要

坐骨神経領域の痛みに対して、効果的な運動療法を実施するためには、坐骨神経の根本部分である神経根由来、梨状筋下孔より遠位の坐骨神経を中心とした末梢神経由来、または、椎間関節などの関節由来(関連痛)など『何が痛みを引き起こしているか』を判断することが極めて重要です。

そのためには、身体所見と画像所見とを照らし合わせることが必須です。しかしながら、画像上、明らかな病変がなくても痛みを訴える方がおられるため、身体所見の重要性が必然的に高まります。身体所見において、行うべき検査は様々ありますが、中でも、外転(出)力の検査は非常に有用かつ簡便です。

本セミナーでは、機能解剖学を元にした身体所見の取り方、そして、運動療法について、一連の流れを紹介します。

【前半】
腰殿部の触診
整形外科的テストと筋出力検査

【後半】
神経根障害や梨状筋下孔より遠位の末梢神経(坐骨神経・下殿神経)障害に対する治療

講師齊藤正佳先生
開催日時 2023年10月22日(日) 10:00~16:00
開催形式会場
開催場所運動と医学の出版社(神奈川県横浜市)
定員24名
受講費13,000円
参加条件なし
申し込み〆切2023年10月18日(木)

講師

齊藤正佳 先生

東京先進整形外科リハビリテーション部 部長、くまざわ整形外科クリニック/理学療法士

2009年さとう整形外科リハビリテーション科
2016年名古屋スポーツクリニックリハビリテーション科
2022年くまざわ整形外科リハビリテーション科・東京先進整形外科リハビリテーション部

当日案内

【昼食】
各自ご持ちいただくか、外での食事をお願いいたします。
(セミナールームで昼食をとる場合は、ソーシャルディスタンスを保つよう、ご協力をお願いいたします。)

【服装】
動きやすい服装(更衣室もございますので、ご利用ください。)

【持ち物】
筆記用具・飲み物・昼食(必要に応じて)

【会場内の注意】
会場内はエアコンで室温管理はしておりますが、体感温度には個人差がございますので、温度調整の可能な服装でのご参加お願いいたします。なお、気になる方は弊社スタッフに遠慮なくお申し出ください。

※撮影・録音・ビデオ・写真の撮影や音声の録音は固くお断りしております。
※ゴミは各自お持ち帰りにご協力願います。

チケット購入はこちら

■アカウントをすでにお持ちの方へ

アカウントをすでにお持ちの方UGOITA PLUS会員の方はお申し込みの前にログインしてください。

■アカウントをまだお持ちでない方はこちら

アカウントをまだお持ちでない方は下のボタンからお申し込みください。

チケット

The numbers below include tickets for this event already in your cart. Clicking “Get Tickets” will allow you to edit any existing attendee information as well as change ticket quantities.
チケットは販売終了しました

< イベント一覧に戻る >

© UGOITA ALL RIGHTS RESERVED.produced by 運動と医学の出版社